テレビ出演「二代目和風総本家」

放送からしばらく経ちましたが、原田琺瑯が和風総本家に出演しました。

〜この番組は、和に関する様々な物事を取り上げ、日本の良さを伝えていきます。
日本人なら知っておきたい、大切に受け継がれてきた“モノ”。
それは文化だったり、人情だったり、道具だったりしますが、
それらを支える人々やしきたりなどを知り、日常生活や旅先で、
日本をもっと楽しめるようになろうという番組です。
映像はひたすら上質に“美しさ”を追求し、
その中に遊び心をふんだんに盛り込んでお送りします。〜《HPから引用》

「ローカル線を支える職人」という特集で駅舎で見かける琺瑯看板(駅名標)の製作です。

釉薬を作り、鉄板に吹きかけて焼く工程や、スクリーン印刷で文字を写し出す工程が放映されました。

先代からの技術を守りたいという思いから現在は個人宅の表札や、ショップ看板、公共施設標識など、可能性を追い続けています。

全国の鉄道ファンの皆さまご注文ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です