モノづくり

木や綿を原料とした天然樹脂を使用した万年筆やボールペンを提供する京都セルロイド。柔らかく、手触りや深みのある鮮やかな発色、さらに優しい光沢を持つ天然素材です。セルロイドは微生物に分解され土に返る特性(生分解性)があり琺瑯と同じエコロジーな素材であります。

モノづくり

SUDAHANP

「スダだだだー。」とミシンをかけるイラストがユニークな「SUDAHANP」さんの琺瑯看板です。日本製のオリジナルのバックは職人さんが一つ一つ仕上げています。帆布は頑丈で長持ちする素材です。どこか琺瑯素材と共通点があります。お店のホームページも是非ご覧ください。素敵なバックが紹介されています。http://www.sudahanp.com

SUDAHANP

「青衣 あをごろも」

「青衣 あをごろも」は京都の職人・メーカー、日本人が昔から親しんできた生地や織物、
コットンやガーゼ、藍染の抜染・捺染などの染色技。独特な風合いや素材感はそのままに、
色鮮やかで、個性的な絵柄と日本の風景と組み合わせたテキスタイルブランドです。


とても可愛らしい洋服やバック、小物などあります。http://www.aogoromo.jp

「青衣 あをごろも」

ボールペンとえんぴつのお店 五十音

東京都中央区銀座の裏路地にあるボールペンとえんぴつのお店、五十音。

オーナーのこだわりが詰まったオリジナル商品や海外で買い付けたセレクト品などがあります。
公式のインスタグラムやツイッターで、イベントや新商品情報も掲載しています。

琺瑯看板が目印です!

ホームページ http://www.gojuon.com

Instagram https://www.instagram.com/gojuon_ginza/

ボールペンとえんぴつのお店 五十音

青衣 あをごろも

京都のショップ「青衣 あをごろも」はテキスタイルブランド。
インテリア小物からファッションアイテムまで揃い、琺瑯看板が目印です。
トンビと油揚げは琺瑯看板の特有の無機顔料で温かみある色味が出せました。

思わず目に止まる素敵なデザインです。http://www.aogoromo.jp/index.html

青衣 あをごろも

nauticaビル タッセル屋さん 

京都中京区nauticaビルにあるタッセルのオートクチュール メゾン。
タッセルを日本語に訳すと「房飾り」。
プリンセスタッセルの商品は全て手作りで温かみがある。
季節ものや行事ごとにタッセルの色や形などで表現していて、
きれいで可愛らしい。女性だけのものと思いきや、男性でもアクセントになる
レザーを使用したタッセルなどもあって、贈り物にも最適です。

http://princess-tassel.com

琺瑯看板でタッセルを表現しました。とても素敵な看板に仕上がりました。

nauticaビル タッセル屋さん 

ストローベイルプロジェクト

ストローベイルプロジェクトは、
稲藁などを断熱材とした、高断熱で低エネルギーな住まい
(ストローベイルハウス)
設計・施工・研究などを通して、安心して暮らせる
豊かな社会を目指して活動しているプロジェクトチームです。
日本に古くから伝わってきた、生活の知恵や技術を活かし、
家づくりを行なっている。
手間や時間が掛かっても、人や大地がつながる時間が有意義です。
活動内容はこちらです。http://strawbale-project.net/#id65

ストローベイルプロジェクト

ateliers PENELOPE

目黒区の住宅街にアトリエとショップを持つ、帆布の鞄屋さん「PENELOPE」まず入口で目にみえるのは、凛とした真っ白な琺瑯看板。帆布製のシンプルなデザインで、いろとりどりのバックたち。オーナーの唐澤さんが、看板に琺瑯素材を選んだのは、「主張し過ぎずもしっかりとある存在感が自分の物づくりのコンセプトと重なったから」と、琺瑯看板を選んでいただきました。http://www.atelierspenelope.com/

ateliers PENELOPE