Office『RDU』

[依頼者より]
2018年1月に、永らく親交のあった福岡市内の3つの個人設計事務所で、将来的な仕事の拡充のために、共同で新しい事務所を立ち上げました。16年ほど前に作っていただいた以前の事務所の「琺瑯サイン」に合わせて今回も新しい琺瑯サインを作成していただきました。
琺瑯ならでは清潔感と、しっとりとしたツヤのある質感が気に入っています。事務所は、経験豊富なアウトブレーンとともに最適のユニットを構成して、お客様にご満足頂ける提案を提供できることを目指しています。商業施設をメインに共同住宅、医療福祉施設等の設計監理を行っています。

株式会社 RDU 一級建築士事務所
[野間 Office]福岡市南区野間3-9-20-4F
[Head Office]福岡市中央区大名1-10-14MATCHビル4F

サイズ(200㎜×200mm)形状(四辺箱曲げ)地色(グレー)印刷色(白)

Office『RDU』

琺瑯表札

ほうろうのサインは雨や風、強い日差しにも耐え、屋外で長所を発揮する素材です。山や川などでほうろうサインをよく見かけますが、厳しい自然環境でも色褪せていません。800℃~900℃の高温で焼き付けますので、とても美しい色合いを保ちます。

サイズ(200㎜×200㎜)形状(四辺箱曲げ)地色(アイボリー)印刷色(茶色)

琺瑯表札

公共 まちづくり

「なかなか遺産」とはなかなか~!と見る人を唸らせ、建造物のみならず、次の世代に継承したいと思えてしまう共有財産のことです。こちらは岩手県一関市に建っているながい校舎。ちいさな教室が横一列に並んで長さ 119m 。なかなか記念すべき第1号です。弊社の琺瑯看板を取り付けて頂きました。

「なかなか遺産」http://nakanakaisan.org

 

公共 まちづくり