西 邸

西邸の表札です。ほうろうのガラス質の光沢が美しく、温かみある玄関に。ほうろうの素地は金属で、ガラス質の釉薬をかけて焼きあげます。ガラス質の釉薬は単に上に乗っているのではなく、金属と釉薬が化学結合で強固に密着しているのがほうろうの特徴でもあります。10年はもちろん、20年以上、頑丈で長持ちします。原田琺瑯特製の温かみある、四辺アール曲げ加工。職人が手で一枚一枚加工しています。

サイズ(150㎜×150㎜)形状(四辺アール曲)地色(紺)印刷色(白)

西 邸

なかやま邸

原田琺瑯定番の駅名標っぽい、ほうろう製の表札です。鉄道好きの方に非常に喜ばれる看板です。ほうろうの経年変化も愛着が湧きます。原田琺瑯では、1枚からオーダーが可能です。お気軽にご相談ください。

サイズ(100㎜×500㎜)形状(四辺アール曲げ)地色(紺)印刷色(白)

なかやま邸

布澤邸

そろそろ原田琺瑯の定番商品に格上げされそうな駅名標っぽい、表札です。
昔はケント紙を手切りしの版下を作成していました。角ゴシックの角をアールにしたfontです。現在は【国鉄っぽいフォント】フォントデザイナーに感謝です。壁面との相性も良く、素敵な個人宅表札になりました。

サイズ(180㎜×100㎜)形状(四辺アール曲げ)地色(紺)文字色(白)

布澤邸

永島邸

白い壁によく映える、紺色ベースのほうろう表札です。形や、色や、書体など、お客様とイメージを共有しながら、オリジナルのサインに。FONTは【851ちからよわく】というモノです。ローマ字も可愛いですね。取り付け方法は強力接着剤を使用しています。

サイズ(150㎜×150㎜)形状(平板)地色(紺)文字色(白)

永島邸

かれいがわ駅の琺瑯看板

嘉例川駅(かれいがわえき)は、鹿児島県霧島市隼人町嘉例川にある、九州旅客鉄道(JR九州)肥薩の駅。全国でも珍しい特急が止まる無人駅。昔ながらの木造の味わい深い駅舎は琺瑯看板が引き立ちます。土日は嘉例川弁当の販売もあるそうで、観光スポットにもなっています。

嘉例川駅のお問い合わせはこちらです。https://www.city-kirishima.jp/kirikan/shisetsu/kanko-leisure/019.html

かれいがわ駅の琺瑯看板

ふじた邸

駅名標をイメージした、ほうろう看板とほうろうの電気傘。レトロですが、どこか新しさを感じます。無機顔料ならではの深みのある仕上がりです。経年変化も楽しみですね。

サイズ(100㎜×500㎜)形状(四方アール曲げ)地色(紺)印刷色(白)

ふじた邸